aga治療の方法とプロペシアとは何かを説明します

agaは額の生え際から後退していく薄毛や、または頭頂部から薄くなるタイプ、どちらも合わさったタイプなど様々な薄毛や抜け毛のパターンがあります。その原因は遺伝や男性ホルモンの影響が考えられています。このaga治療に最も有効とされているのがプロペシアという飲み薬です。このプロペシアとは元々は前立腺肥大症や前立腺がんという病気の治療目的で開発され、その患者さんに使用されてきました。その服用していた患者さんの中で服用前よりも毛が濃くなったという声が多くあり、このことからagaの治療目的に再度研究され開発された薬です。agaの原因の一つといわれている男性ホルモンを抑制し、抜け毛や薄毛を防ぐ効果があります。プロペシアは現在国内で唯一厚生労働省が認可しているagaの治療薬です。

aga治療に有効なのはプロペシアだけではありません

aga治療にもっとも多く使用され、多くの病院やクリニックで処方されるのがプロペシアという飲み薬ですが、治療はこれだけではありません。ミノキシジルという成分のはいった頭皮に直接塗る外用薬もあります。この薬も元々は血管拡張の治療のため開発された成分で、血圧を下げる降圧剤として患者さんが使用してきました。しかし、薬の副作用として多毛症が起こるということがわかったことをきっかけにaga治療薬として研究が進められました。ミノキシジルという成分にはagaに対して毛の成長や発毛を促す効果が得られるとされています。このプロペシアという飲み薬とミノキシジルという成分の入った塗り薬は効果が違うため併用して使用することが可能であり、この2つを併用することが最もaga治療に効果が得られる方法であるとされています。

aga治療には薬だけでなくマッサージも効果的

aga治療により効果が得られるのはプロペシアとミノキシジル併用ではありますが、他にも治療方は様々です。治療薬以外の方法として一般的によく知られているのは頭皮のマッサージです。マッサージは頭皮にある毛細血管を刺激して血の流れを良くすることでaga治療の効果が得られるだけでなく、agaの影響によってむき出しになり硬くなってしまった頭皮を柔らかくすることや、毛穴に詰まった皮脂などの汚れを押し出すことでより発毛の効果を促進することができるのです。ただし頭皮は顔の皮膚と比べて非常に薄く、厚みもないためマッサージを長時間行ってしまうと頭皮を傷つけてしまうなどのトラブルを引き起こしやすくなってしまうため、正しいマッサージ方法を身につけることが大切です。マッサージ自体には直接発毛に作用する効果はありませんが、発毛をするための環境を整えるマッサージはaga治療に欠かせないものといえます。

ハミルトン・ノーウッド分類とは、米国の医師が分類したAGAの進行を確認する指標のことです。 ザガーロは2015年に承認された、新しい薄毛の治療薬です。 agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 入浴後の頭皮マッサージは、抜け毛予防に効果的! ヘアサイクルが短く、髪の毛が太く長く育たないのがagaの特徴です。 agaは専門医の治療で治すことのできる症状です。 AGA治療専門クリニック

Comments are closed.