aga治療の注意点について説明とまとめ

思春期以降のまだ若い時期に、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなることをaga(男性型脱毛症)といいます。その主な原因と考えられているが、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンによる発毛サイクルの乱れです。そのホルモンの働きにより、髪の毛の成長期が短くなるため十分に育たないまま細くて短いうちに髪の毛が抜けてしまいます。また頭皮の血行不良により髪の毛に栄養が行き渡らずにおこるものもあります。また、生活習慣やストレスの影響も否定できません。aga治療を行う際には、自分の症状や原因をきちんと探りながら、適切な薬を選択して適切な治療を行うことが必要です。 治療法を間違えなければ、薬を使ったaga治療は細胞の老化が原因とされる老人性脱毛症より比較的高い治療効果が期待できます。

aga治療を進化させたふたつの薬について

最近になってaga治療が活発になってきたことの背景には、ミノキシジルとフィナステリドというふたつの薬が開発されたことがあります。ミノキシジルとは、血行を活発にして頭皮の血行を良くすることで薄毛を改善していくといった効果があります。外用薬なので、使用する際は頭皮に塗布します。フィナステリドはagaを引き起こす男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを抑制します。内服薬には、遺伝が原因とされる場合にも有効な薬があります。もともとミノキシジルとは血圧降下剤であり、フィナステリドとは前立腺肥大症を治療する薬として開発されました。それが、投薬の結果偶然に発毛効果が確認されました。今後もこのふたつの薬のように、新しい薬の登場や技術の開発によりaga治療が進化する可能性がまだまだあります。

aga治療を受けるために医療機関を受診しよう

最近では、若いうちから薄毛が気になる方が増えてきましたが、できるだけ早くaga治療を始めるのが効果的です。最初はシャンプーやドライヤーなどのヘアケアの方法や生活習慣の改善から行ないます。それでも進行が早い場合には投薬が必要となります。プロペシアは病院での処方が基本ですが、インターネットを使用して個人での輸入も可能です。しかし粗悪品や偽造品も出回っているので充分注意が必要です。病院では遺伝子検査で自分が遺伝性のagaなのかどうかも簡単に調べてもらうことができ、それに沿った治療法もアドバイスしてもらえるため、早めに受診してみるのもおススメです。日本国内では、aga治療は保険適用外になります。そのため、医療機関によって金額もまちまちです。事前に相場を確認してから受診することも大切です。

Comments are closed.