aga治療の治療期間について説明します

agaの原因は主に男性ホルモンの働きや遺伝によるものが多いです。遺伝性のagaを改善させるのは難しいと思われがちですが、実は正しいaga治療を受けることによって遺伝性のものでも充分に改善させることが出来るのです。治療には飲み薬や塗り薬が使用されることが一般的です。ではどの程度飲み続ければ効果がでるのでしょうか。aga治療の薬は残念ながら飲みはじめた際や、使用してすぐに効果がでるというものではありません。効果には個人差がありますが、一般的に3ヵ月から半年ほどで効果があらわれます。ただしこの段階ではまだ産毛が生えてきたり、毛が太く成長したと感じたりするレベルなのでこの状態から更に半年前後は治療が必要です。治療を受け1年前後で薄毛が改善され育毛、発毛を実感することが可能です。

aga治療は薬を飲み続ければ効果を持続させられます

aga治療には個人差もありますが1年程度の治療期間が必要になります。この期間は1ヵ月に1度通院し、経過を診てもらい薬の処方してもらう形になります。発毛が充分に実感できたとき治療をやめてしまうとまた元の状態に戻ってしまうのではないかと不安に思う人もいますが、agaは薬を飲み続ければその発毛された髪の毛の状態を保つことが可能です。いいかえれば薬を飲むのをやめてしまうと元の薄毛に徐々に戻ってしまうことになります。そのため多くの人が治療を終えても薬を飲み続けることが多いです。本格的な治療が終わると薬はジェネリック薬品に移行されることが多く毎月の費用を抑えることが可能です。せっかく治療して発毛した髪の毛をまた失ってしまっては時間もお金ももったいないので薬を飲み続け状態を保つことが大切です。

aga治療の効果をより早く実現するために自分自身で出来ること

aga治療を受けることでagaは改善されますが、より早く確実に効果を実感するためには治療薬の服用や外用薬の使用だけでなく頭皮のケアを行うことも大切な治療の一環です。特に頭皮のマッサージは毛細血管を刺激することで頭皮の血のめぐりを良くする効果だけでなく毛穴にたまった皮脂を押しだすことでより発毛がしやすい環境が整えられます。またシャンプーをより頭皮に配慮された育毛用のシャンプーに変えたり、バランスのよい食生活を心掛けたりするだけでも頭皮の環境が改善されます。他にも運動を行うことで体全体の血流がよくなり頭皮にしっかりと栄養を行き届かせることができ、質のよい睡眠をとることで細胞が活性化され発毛の促進になります。これらは直接毛が増えるというものではありませんが頭皮の環境と整えることで治療の効果を最大限に引き出すことが可能になるのです。

Comments are closed.