遺伝性の薄毛へのaga治療の効果はあるか説明します

進行性の薄毛や抜け毛のagaですが主な原因は遺伝や男性ホルモンの働きとされています。男性ホルモンの働きの場合治療して効果を得られやすいと考え、遺伝性のagaは治療してもなかなか効果が得られないのではないかと考える人もいますが、実は遺伝性のaga治療も充分に効果を得られるのです。agaで悩む人の中には遺伝性だからと諦めてしまう人もいますが、agaの原因が遺伝性とはっきりしている場合こそaga治療に最もよく使用される飲み薬であるプロペシアの効果がでるように開発されているのです。agaの原因として男性ホルモンや遺伝の他に生活習慣やストレスといったことが原因になる場合もあります。これらが原因である場合、根本的な原因を見つけなければいくら治療しても効果は薄いのです。そのため遺伝とはっきりしているタイプほどaga治療がスムーズにいく場合が多いのです。

aga治療に効果を得やすい年代とは

最近では遺伝の影響によって早ければ10代にagaを発症してしまう人もいます。また一般的に20代や30代から進行するケースが多いです。aga治療を受けるにあたって薄毛や抜け毛が気になりはじめたら若ければ若いほどよいとされています。最初のうちは、シャンプーやドライヤーのやり方を適切な方法に変えてみたり、食生活や睡眠などの生活習慣を見直し改善したりするだけで効果を得られる場合もあります。それでもagaの進行が早い場合は早めに病院やクリニックで診察を受け、agaの原因の特定や治療を受けることが大切です。ただしaga治療に最も効果があるとされている飲み薬のプロペシアは未成年では処方してもうことはできません。しかし20歳以上になれば処方してもらえるためagaが気になった人は早期に治療を開始することでより髪の再生が見込まれます。

aga治療において大切なのは継続することです

遺伝性のaga治療を受けるにあたって大切なのは継続して治療を受け続けることです。aga治療で最も効果が得られるとされている飲み薬のプロペシアを服用したり、頭皮に発毛を促す塗り薬を併用して使用したりしてもその効果はすぐに実感できることはありません。効果を実感できるまでは個人差もありますが最低でも3ヵ月から半年は必要となります。また治療を受けて薄毛や抜け毛が改善され、毛の量が増えたとしても、薬の使用を中止するとその効果は薄れてしまい、また薄毛に戻ってしまうのです。これは発毛された毛を抜けずに維持していく力は自発的なものではなく薬の影響によるものであるためです。そのためaga治療は自分自身で薄毛が気にならない年代に達するまで継続して薬を服用し、治療を行うことが大切です。

Comments are closed.